ライン
助成金のメリット
助成金は、雇用保険に加入している事業所であれば、業種を問わずに活用することができます。ちょっとした事を知らないばかりに、もらえるはずの助成金を見逃している可能性があります。

1 助成金の活用するメリット

助成金は、返済する必要がありません。返済不要の資金調達手段として助成金が活用できます。経費や投資資金の負担を、助成金を受給することで軽減することができるため、経営にとって有効なツールといえます。

ただし、

■どんな助成金があるのか知らない
■専門用語が多くよくわからない
■提出書類の準備ができない、準備する時間がない
■どこに相談していいかわからない

といった理由から有効に活用されていないことがあります。助成金のメリットを有効に活用していただき、御社の経営にお役立てください。

 

2 助成金資格を得るために必要なこと

助成金を受給するためには、一定の要件を満たす必要がありますが、それ以前に事業所として最低限の基本的な条件を満たす必要があります。

■法定帳簿が整備されていること(労働者名簿、賃金台帳、タイムカード、就業規則など)
■事業所が雇用保険に加入していること
■助成金の対象になる労働者がいること(雇用保険に加入していること)
■2年間を超える労働保険料の滞納がないこと
■申請手続き期限を、守ること
■事前に計画作成、提出が必要な助成金については、その手続きをしていること。 

依頼するメリット

社会保険労務士に助成金申請を依頼するメリットは、受給できなかったというリスクを低くすることができます。ご自身で助成金申請をした場合の、書類不備や認識の違いによりせっかく準備をしたにも関わらず受給できなかったというケースも見受けられます。専門家に依頼すれば、そのような心配をすることはありません。

1 面倒な書類作成、提出までを一括して依頼できる

助成金は、受給要件や制度が頻繁に変わります。情報をいつも把握することは、専門家でなければ煩雑に感じることでしょう。

また助成金を受給するためには、管轄期間の担当者が内部審査を円滑に行えるような書類作成、資料の整理、保管をする必要があります。そして、助成金を受給するまでには、たびたび窓口に足を運び折衝することも必要になるケースがあります。

忙しい経営者にとってそれは、負担でしかなく生産的な時間とはいえません。我々、専門家に依頼をいただければ、面倒な書類作成から提出、行政機関との折衝も経営者に代わって代行させていただくので、経営者は、本業に集中していただくことができます。

 

2 法定帳簿や就業規則の完備ができる

助成金の申請では、就業規則をはじめタイムカード、賃金台帳など法律で定められた帳簿を完備しておくこと、そして提出を求められることもあります。

この際に法律に違反した就業規則や、助成金の受給要件に合致しない条項が入っていたりすると、助成金の申請が通らないことも想定されます。法律にそった規則はもちろん、受給申請に必要な見直しも合わせて行うことが可能です。

 

助成金申請代行 成功報酬15% 着手金不要! 助成金申請支援無料 初回助成金診断
お気軽にお問い合わせください。 
無料相談フリーコール0800-888-3633メールの方はこちらをクリック
カテゴリ 新着情報
お問い合わせ 福井県助成金センター 〒918-8025 福井県福井市江守中2丁目1312 フリーコール0800-888-3663 tel:0776-33-1117 fax:0776-36-8245 アクセスマップ