ライン
雇用を維持したい時の助成金
 雇用を維持したい時に活用できる助成金は、
【1】中小企業緊急雇用安定助成金

【2】中小企業定年引上げ等奨励金
 
があります。中小企業雇用調整助成金については、休業予定の申請や休業手当金額の計算など申請書類が多数あります。また中小企業定年引上げ等奨励金については、就業規則の変更が必要となります。就業規則の専門家として、対応することができます。

制度のご利用を検討される方で、詳しいことを聞いてみたいという方は、お問い合わせフォームより、無料相談のお申込みをご利用ください。

【1】中小企業緊急雇用安定助成金(雇用調整助成金)

制度概要

 景気の変動、産業構造の変化などにより、事業活動の縮小を余儀なくされ、休業又は出向を行った事業主に対して、休業手当、賃金又は、出向労働者にかかる賃金負担額の一部が助成されます。

【Ⅰ】 売上高又は生産量などの事業活動を示す指標の最近3か月の月平均値がその直前の3か月又は前年同期に比べ5%以上減少していること(ただし直近の決算等の経常損益が赤字であれば5%未満の減少でも可)

【Ⅱ】 円高の影響により売上高又は生産量などの回復が遅れている事業主であり、売上高又は生産量などの事業活動を示す指標の最近3か月間の月平均値が3年前同期に比べ15%以上減少していることに加え、直近の決算等の経常損益が赤字であること(ただし、対象期間の初日が平成22年12月2日から平成23年12月1日までの間にあるものに限る。)

助成金の内容

休業等(休業及び教育訓練)
出向

休業手当又は賃金相当額×下記の助成率

出向元事業主の
負担額×下記の助成率

教育訓練を実施した場合は、
下記金額が加算されます。
事業所内訓練の場合1人1日あたり3,000円
事業所外訓練の場合1人1日あたり6,000円

助成率 4/5

助成率 4/5

 この助成金の申請件数自体は、減少傾向にありますが、まだまだ活用する機会はあるのではないでしょうか。教育訓練を実施せずとも、受給することが可能ですし、福井県の事業者については、福井県独自の上乗せ制度があります。

【2】中小企業定年引上げ等奨励金

制度概要

 中小企業定年引上げ等奨励金は、65歳以上への定年の引き上げ、定年制度の廃止や65歳以上の継続雇用制度の導入を行った事業主に支給されます。助成内容については、実施した内容や事業規模によって決められています。

助成金の内容

現行の定年
企業規模
事業主が実施した措置および支給金額(万円)

年齢

(人)

(a)定年の引上げ65歳以上70歳未満

(b)定年の引上げ
(70歳以上)又は定年の廃止

(c)希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入

とする65歳以上70歳未満までの継続雇用制度の導入

60歳以上
~65歳未満

1~9 人

40

80[40]

40[20]
(20[10])

20

10~99人

60

120[60]

60[30]

30

100~300人

80

160[80]

80[40]

40

65歳以上~70歳未満

1~9 人

-

40[20]

20[10]

-

10~99人

-

60[30]

30[15]

-

100~300人

-

80[40]

40[20]

-

・(c)の()内の数字は、希望者全員を対象とする 65 歳以上 70 歳未満までの継続雇用制度を導入済みの企業が、要件を満たした場合に支給する金額です

・(b)及び(c)の[]内の数字は、支給申請日の前日において 1 年以上継続して雇用されている 64 歳以上の常用被保険者(新たに当該制度を有する法人の設立等を行った場合は、1 年以上の雇用見込みのある 64 歳以上の雇用者)がいない場合に支給する額です。

・現行の定年年齢が 60 歳以上~65 歳未満の事業主が、(a)と(c)をみたす制度を新たに導入した場合には、(a) の額と、(c)の括弧内の額の合計額を支給します。

カテゴリ 新着情報
お問い合わせ 福井県助成金センター 〒918-8025 福井県福井市江守中2丁目1312 フリーコール0800-888-3663 tel:0776-33-1117 fax:0776-36-8245 アクセスマップ