ライン
こだわりの就業規則 その3 労働条件の明示

就業規則とはややはなれますが、採用に関連して 労働条件の明示について書きたいと思います。


従業員を雇い入れるということは、会社と労働者の合意に基づく契約とされています。


いわゆる労働契約と言われるものです。


その合意が、口頭だけの口約では、後々のトラブルのもとになりかねません。


昔は、一度、就職したらその会社で長く勤務することが前提でしたし、


お互いの信頼関係に基づく労使関係がうまくいってしました。しかし現在は、


経済環境や労働環境の変化、労働者の意識の変化など、労使間のもつれが


トラブルになっています。それを防止するために、まずは、雇い入れるときに、


労働条件をはっきりと明示し、合意を残しておくことが大切になります。


特に下記については、文書で明示しなければなりません。


・労働契約の期間

・終業の場所、従事する業務

・始業終業時刻、時間外労働有無、休憩、休日

・賃金

・退職


労働条件は、他にもありますが、上記は、トラブルの原因になり易い労働条件ですので、


しっかりと、最初に伝えておく必要があります。

 

 

カテゴリ 新着情報
お問い合わせ 福井県助成金センター 〒918-8025 福井県福井市江守中2丁目1312 フリーコール0800-888-3663 tel:0776-33-1117 fax:0776-36-8245 アクセスマップ