ライン
有期実習型訓練(キャリア形成助成金)

“キャリア形成助成金”の概要

  
  
概要

フリーターや子育て終了後の女性、母子家庭の母親の方など職業能力形成機会の少ない方又は新規学卒者に対して、企業内におけるOJTと、教育訓練期間等で実施されるOff-JTを効果的に組み合わせて実施される有期実習型訓練を実施する事業主に対する助成措置です。

  
訓練コースの基本要件

・企業内におけるOJTと教育訓練期間等で行われるOff-JTを効果的に組み合わせて実施する訓練であること
・実施期間が3ヶ月~6ヶ月(資格を取得するため等特別な場合は1年)以下であること。
・総訓練時間が6ヶ月あたりの時間数に換算して425時間以上であること。
・総訓練時間に占めるOJTの割合が2割以上8割以下であること。ただし、訓練終了後通常の労働者に転換される場合には、総訓練時間に占めるOJTの割合が1割以上9割以下であること。
・訓練終了後に評価シート(所定シート)により職業能力の評価を実施すること。

  
対象者

次のいずれにも該当するもの

①新たに雇い入れた雇用保険の被保険者等又はすでに雇用している短時間等労働者

②次のいずれかに該当する者

a)登録キャリア・コンサルタント(※1)によるキャリア・コンサルティングを受けた結果、職業能力形成機会に恵まれなかった者(※2)であって、安定的な雇用に就くためには対象有期実習型訓練に参加する必要があると認められた者

b)新規学卒者

  

※1 ジョブ・カード講習(厚生労働省又は厚生労働省により委託を受けた団体によって実施される講習)を受講し、登録されたキャリア・コンサルタントの事をいいます。

※2 原則として訓練を実施する分野において過去5年以内に概ね3年以上継続して常用雇用された事がない者の事をいいます。

  
給付内容

 ◆通常の労働者を対象にした場合《中小企業に限る》

《座学等(OFF-JT)に対する助成》

・訓練に要した経費(事業内で自ら行う場合は、部外講師の謝金、施設の借上げ料及び教材費等の運営費、事業外の教育訓練機関に委託して行う場合は、教育訓練機関に支払う入学料及び受講料)の3分の1(大企業なし)に相当する額を支給します。

・実施時間に対して支払われた賃金の3分の1(大企業なし)に相当する額を支給します。


《実習(OJT)の実施に対する助成》

・訓練の実施時間に応じて、受講者1人につき1時間600円(大企業なし)を支給します。(1人あたり408,000円を限度)

  

◆短時間等労働者を対象にした場合

《座学等(OFF-JT)に対する助成》

・訓練に要した経費(事業内で自ら行う場合は、部外講師の謝金、施設の借上げ料及び教材費等の運営費、事業外の教育訓練機関に委託して行う場合は、教育訓練機関に支払う入学料及び受講料)の2分の1(大企業は3分の1)に相当する額を支給します。

・実施時間に対して支払われた賃金の2分の1(大企業は3分の1)に相当する額を支給します。


《実習(OJT)の実施に対する助成》

・訓練の実施時間に応じて、受講者1人につき1時間600円(大企業は600円)を支給します。(1人あたり408,000円を限度)


※ 受講者の雇用形態の判定の時点は、訓練開始時とします。ただし、訓練期間中に通常の労働者に転換した場合等は、通常の労働者に対する訓練とみなしますので、ご注意ください。

カテゴリ 新着情報
お問い合わせ 福井県助成金センター 〒918-8025 福井県福井市江守中2丁目1312 フリーコール0800-888-3663 tel:0776-33-1117 fax:0776-36-8245 アクセスマップ